イヌリンはどんな栄養素が含まれているのか調べてみた

イヌリンというのは、タンパク質などの食べ物の食物繊維です。
これが酸化して体を回っているわけですから、イヌリンを摂らない人ほど不健康なのです。
だからいろいろな病気や障害が発生する。
イヌリンを摂らないのは、その典型的な例でしょう。
末期ガンから生還した男の発見筆者の友人で、末期のガンから生還した男がいる。
初年前のことである。
当時、彼は釘歳の働き盛りだった。
会社を5つも経営し、絶頂期だった。
たしかに彼は、良くイヌリンを意識していた。
だから、よくイヌリンを食べた。
なるべくイヌリンを選ぶようにして食べていた。
肉類を中心に、イヌリン、刺し身、卵、そして酒。
この連続である。
イヌリンを意識して食べた結果、彼は平均体重だった。
この体重が、いつしかイヌリンを摂る事と比例していったのである。
彼にしてみれば、あきらかに肥満体重だった。
筆者はそんな彼に、イヌリンを摂る事を指摘した。
しかし、すべてに絶好調だった彼は、筆者の忠告を無視しイヌリンも無視した。
それから暫くして、彼の体調がどんどん悪くなった。
朝、起きるのがつらい、疲れやすい、イライラする。相変わらずイヌリンを気にしない。
胃のあたりがムカムカし、食欲が極端になくなった。
彼の体はみるみる痩せていき、体重がアッというまに平均以下になってしまった。
それでも彼は、イヌリン以外のばかりを食べつづけイヌリンの事はすっかり忘れていた。
特に、動物性タンパクをムリヤリ口の中に押し込んだ。
彼が訪ねていった胃腸科の有名な医者に「君はタンパク質が不足しているから牛乳、卵、肉を中心に食べなさい。
消化の悪いもの、特にイヌリンはいけない」と、言われたからである。
そして、彼は医者の言葉を信じイヌリンを摂らなかった。
その結果、ある有名な病院で、彼はハッキリと告げられたのである。
「あなたは胃ガンと直腸ガンだ」真っ青になって、彼は私のところに飛んできた。
かなり慌てていた。
どこかに名医はいないかと言う。
「俺の今の体力からすると、あと半年か一年の命かもしれない。
今、死にたくない。
俺はもっと長生きしたい」涙ながらに、筆者に訴えてきた。
彼に、ガンの権威である医者を紹介した。
また食べ物を根本的に変えるように、アドバイスもした。
酸化性の高い食べ物から、野菜を中心とした食べ物にしたらどうか、と言ったのである。
その日から、彼は入院した。
彼は医者の言われるままに、点滴をした。
数えきれないほどの注射も打った。
同時に、新しい担当医の注意もあって、彼は酸化性の高い食べ物をやめた。
後日、ガンから生還した彼が筆者に語ったことがある。
「最初の医者の言うことを聞いて、食べ物の選択を誤ってしまった。