糖尿って一体どんな症状か調べてみた結果、恐ろしい病気だった

糖尿についてあれこれ調べてみました。糖尿は恐ろしい病気です。
誰しもこんな病気にはかかりたくないでしょう。
糖尿の予防はズバリ普段の食事です。そこを意識すれば糖尿は未然に防ぐ事も出来ます。
なぜなら糖尿の原因は糖質の摂取、いわゆる炭水化物の摂りすぎから起こります。
決して他人事ではない糖尿。普段の食事を振り返ってみて下さい。
ご飯、パン、パスタにうどんといった主食。これが糖尿に影響を与えています。
そうこれらがいわゆる糖尿のもとになる糖質の多い食べ物です。
最近では炭水化物ダイエットなどが世間にも浸透してきて糖尿のリスクを少しでも軽減できる人が増えるだろうと思っていましたが、
あくまでもダイエット感覚でしている人が多いので糖尿の脅威は決して減ったわけではないでしょう。
糖尿病の怖い所は合併症にあります。糖尿病だけではなく三大合併症にかかりやすく失明する恐れまで出てきます。
本当は凄くシンプルに糖尿を防げるのですが、なかなかそういった情報が伝わらないのが現状です。
例えば、糖尿病を患ったら血糖値のコントロールがきかなくなり血糖値が上がる。
それをインスリン注射で下げる。ただ単に糖尿の場合は、糖質を食べなければいいだけなのに。
この仕組みで儲かる人がいるんです。そもそも糖尿なんてむかしはなかった病気。
遥か昔、狩猟採集だった時代なんて糖尿などの今の時代の病気なんてないでしょう。
昔は糖尿の人なんかおらず、食事も脂質、たんぱく質がメインです
また食品添加物、農薬、抗生物質等も肝臓で解毒されますが、その過程で活性酸素を大量に発生します。
動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞は、活性酸素が原因で生じる動脈硬化症に伴う血管系の病気です。
さらに糖尿というのは酷くなると普段の生活にも影響を及ぼします。
糖尿は怖い病気です。ところが神経細胞は、活性酸素に弱い。
運動は必用です。糖尿にならずに出来るだけ実りある人生を歩みましょう。脱糖尿!脱糖質!
糖尿を克服するには、なんといっても食事の制限です。
たスーパーオキサイドディスムテイスなどの抗酸化酵素が大量に必要となる。
ところが、人間の体内で造られる抗酸化酵素には限りがあって、年をとるにつれて抗酸化酵素の働きが悪くなる。
この抗酸化酵素の働きを補うために、果物などに含まれるビタミン、ビタミン、ポリフェノルやカテキンなどのラジカル捕捉剤を摂取する必要がある。
しかし、こうした体内の活性酸素に対する防御機構の守備能力を超えた力を持つ活性酸素が、病気を引き起こしていたわけである。
となれば、生体内の防御機構の能力を超えた過剰の活性酸素を消去するためには、原子状水素そのものを、体内に直接取り入れれば良いということになる。
その原子状水素はどこにあるのだろうか。
まさか水素ボンベから直接水素を吸い込むわけにもいかない。
その回答を用意してくれた学者が日本にいた。
それが、九州大学教授・遺伝子資源工学部門細胞制御工学を研究している農学博士・白畑賓隆氏である。
白畑教授は原子状水素の摂取方法として、水を提示したのである。
白畑貴隆教授のポイント解説会年齢とともに衰えていく抗酸化酵素女生物は、活性酸素を処理する能力を開発しました。
それが抗酸化酵素なのです。
我々の体は活性酸素による害を防ぎ、それに抵抗しながら生きているわけです。
ただ、酸化に対処するためには、非常に大きなエネルギーを使います。
そして、年齢を重ねることで酸化に対する抵抗力が弱まっていき、やがてそれに負けて病気になったり老化していくことになるのです。
もっともこれは自然界の摂理であって、人間はいずれ死ななければならない。
いつまでも若くはいられないのです。
そのために人間の脳は老化するように作られているのではないか、と思うのです。
ただ、われわれの欲望としては、できるだけ長生きはしたい、しかも生きている聞は人さまの世話にならないようにピンピンコロリ、という具合にいきたいと思いますね。