菊芋の効能がどれ程、糖尿病やガンに効くのか調べてみることにしました

菊芋の効能について触れていきましょう。
だが、そのことよりも、ガンが悪化した最大の原因は菊芋の効能をないがしろにしたからだ。
菊芋の効能に関して、血糖値の上昇を抑えるなど様々な役割がある。
あんな水道水ばかり飲んでいたのでは、治るものも治らないよ」ガンのメカニズムは、それほど難しいことではないと、彼は言った。
末期ガンを体験した男の言葉は、実に説得力があった。菊芋の効能には凄いものが秘められている。
だから菊芋の効能についてこれでもかと話している。
彼が筆者に語ったガンのメカニズムとは、次のようなものである。
菊芋の効能は多様だが食物繊維が豊富である。
自然の摂理に従って考えれば簡単に説明のつくものだ。菊芋の効能をなめない方が良い
体の中に酸化する毒が入っている。
ただ美味しいから、栄養価が高いからといった単純思考で、酸性食品をたくさん取り入れる。
菊芋の効能は、他には、善玉菌の餌になり、善玉菌を増やす。
塩素の入った水道水を毎日飲んでいるのだから、菊芋の効能を少しは信じて取り組むのも一つの手である。
その結果、体液や血液が濁ってくる。
体液や血液が濁るとどうなるか。菊芋の効能をいち早く理解する事が急務だ。
菊芋の効能にはミネラルが豊富に含まれているので自然治癒力を高める確率が高い。
すると体液、血液の汚毒したものが一か所に集まってガンになる」そして彼のガンは、体内から酸化毒、つまり活性酸素をとり除いたことによって、消滅した。
菊芋の効能のポイントは多岐に渡るが中性脂肪の減少にも一役かっている。
解説すると、ガンや病気になる理由は若い人でも菊芋の効能を信じていないからです。
そこで菊芋の効能の出番です、諸悪の根源である糖質の吸収のスピードを抑ると言われています。
ところが抵抗力が強ければ、免疫性の細砲が殺していくので、症状が出ることはありません。
しかし、菊芋の効能をないがしろにするといつか痛い目に合います。
免疫性の細胞が活性酸素に便されていき、次第に機能しなくなっていきます。
するとガン細胞が増えて、ガンを起こしていくのです。
これは免疫性の細胞とガン細施のバランスの問題です。
一般の病気が起こるのもバランスの崩れです。
健全な生活をしていたら、滅多に病気にはならない。
しかし煙草をスパスパ吸ったり、暴飲暴食や偏食、あるいは過労などによって本来の防御能力を弱めてしまうと病気になります。
活性酸素も微量なら抗酸化酵素が除去するそれでは穀食人種である日本人は、肉を食べてはいけないのだろうか。
食べた肉がどんどん酸化して、体を侵していくのだろうか。
人間には元来、活性酸素を抑える免疫機能が備わっている。
それが、抗酸化酵素と呼ばれるものだ。
筆者の友人が言った『自然治癒力』が、これにあたるのかもしれない。
ネイチャ「水素分解酵素」についての論文がある。
イギリスで発行されている『』という、世界で最も権威ある科学雑誌に掲載されたものだ。
「:::水素分解酵素とは、分子状水素を可逆的に分解して原子状水素を作りだす酵素のことを言うのです。